当事務所では日本の他に米国での著作物の登録も行っているのですが、先日、まさかと思うことがありました。

登録の拒絶です。

現地の代理人に手続きを依頼していたのですが、その代理人に対して事前に何らの連絡もなく拒絶というレポートが送られてきました。

著作権法は、登録が効力の発生要件ではないので、登録が拒絶されたからと言って著作権がないということではないのですが、米国著作権局が拒絶した理由を読むと創作性を否定していることがわかります。

なぜ著作権局が創作性を審査しているのかという怒りが込み上げてきました。

現地の代理人も拒絶されるのは初めてとのこと。

著作権局のレポートには他人の創作物やありふれたモノは保護の対象にならないと言っていますが、保護の対象になるかならないかは著作権局が判断する事項ではなく、著作権局は登録申請に基づいて登録するのが本来の姿です。

登録の拒絶に不服がある場合は、再審査をリクエストをしてくださいというコメントがありますが、再審査のための著作権局の費用USD250が発生します。

再審査のリクエストをしようにも、著作権局の費用に加え現地の代理人の費用も発生するため、再審査のリクエストは断念しました。

なお米国著作権局に登録申請した著作物は、後日、日本の特許庁で意匠登録されています。

特許庁の意匠登録審査では、容易に創作し得ないこと(創作非容易性)を審査するので、日本の特許庁は著作権局に登録申請した著作物に対して容易に創作できたものではない、つまり創作性があるという判断をしています。

日本に比べて米国の著作権登録制度の使い勝手が良いという理由で、これまで多くの著作物を米国著作権局に登録する手続きをしてきました。

今回のような拒絶を経験すると、これまで両手を挙げて勧めていた米国著作権登録に対して懐疑的になってしまいます。