「著作権フリー」と間違えやすいものに、「パブリックドメイン」があります。

パブリックドメインは、権利満了などを理由に誰でも自由に使える著作物です。

著作権フリーという定義自体が曖昧ですが、著作権はあるが自分は行使しないという性質のものであることがほとんどです。

権利がないパブリックドメインと違って権利がある著作権フリーの著作物は、自分以外に権利が承継されたときにまで著作権フリーが維持されるとは限りません。

自分以外に権利が承継される典型的なケースが相続です。

故人が著作権フリーと言っていた著作物の権利が相続人に承継されたあと、相続人が著作権フリーを放棄して著作権を行使することは全く問題ありません。

著作権フリーだからその著作物を利用しているという人は非常に多く、ある日突然、著作物の利用料を使用料を支払いと言われたのではたまったものではありません。

有名なアーティストが亡くなった後に著作権のトラブルが顕在化することはよくあることです。

著作権フリーを自分が死んだあとにも維持させたいのであれば遺言に残すしかありません。

「友人のAさんとBさんに対しては、これまでの長い付き合いから自分の著作物を自由に使えるようにしているので、自分が死んだあとも、AさんとBさんに対して、無料で使わせてあげて欲しい」など。

相続人が複数いる場合、著作権を単独で相続してもらう方が管理が複雑にならないのは他の財産権と同じです。